ロログ

ネタバレ映画感想とかいろいろ

『オーシャンズ13』感想

オーシャンズ13 (字幕版)

オーシャンズ13 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

スティーヴン・ソダーバーグ監督作。

アル・パチーノ目当てに見たけど、アル・パチーノを含めても微妙だった。いやアル・パチーノは格好良かったんだけど、脚本がまずかったんじゃないですかこれ。何故アル・パチーノはこの作品に出演したんだ、と思ってググったらインタビューで「脚本が良かったから」と答えている記事をあちこちで見つけて椅子から転げ落ちた。まーじかよ。

続きを読む

『オーシャンズ12』感想

オーシャンズ12 (字幕版)

オーシャンズ12 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

スティーヴン・ソダーバーグ監督作。

前作をあまり楽しめなかったので見る気はなかったんだけど、『13』でアル・パチーノが出演していると知ったので『13』を見るために見た。テンポはいいんだけど、時系列が前後するし人数が多すぎてメンバーを覚えられないしで分かりにくいシーンをずっと見せられているような印象があったのと、オーシャンズの勝ち方がつまらないのが不満。

続きを読む

『トータル・リコール』感想

ポール・ヴァーホーヴェン監督作。

NASAの探査機が火星に着陸したというニュースを見てこれをチョイス。面白かった。演出は今見ると古いしB級感もあって荒々しいけど、未来の地球やディストピアな火星の世界観は独特で良かったし、思い切った悪趣味なゴア描写やグロ表現もタイムレスな魅力があって惹きつけられた。ストーリーもテンポ良く進行していくから飽きないし、アーノルド・シュワルツェネッガーシャロン・ストーンはやっぱり華がある。

続きを読む

2021年1月の話

アホです

書いてたのに投稿されてなかった……。

ブログ書きたいモード

読みたいモードでもあるのだけど、周囲でブログ書いてる人がほぼいないようなので自分が率先して書くぞという気持ちになってきた。だからというわけでもないけど、毎月の振り返り記事は書いて行こうかなと企んでます(※追記。その割に投稿し忘れていた)。

2021年1月に見た映画とか

  • ダークナイト』◎
  • コードネーム U.N.C.L.E.
    • 特に面白かったタイトルその二。冷戦時代のアメリカと旧ソ連がまさかのコンビを組むスパイアクションで、ひたすら楽しいバディムービーでした。
  • 『フォード VS フェラーリ
    • 特に面白かったタイトルその三。迫力のレースシーンもいいけど、大企業のエゴに振り回される現場の人間の悲哀が面白かった。名作。
  • 『ハイロー』シリーズを『ザム2』、『ザム3』、『ザ湯』と一気に見た。『ザム2』は聞いてた通り面白かった。あとこのシリーズの略称がとても好き。
  • 『ジュラパ』シリーズも『ロスワ』、『ジュラパ3』と鑑賞したけど、どちらもイライラさせられているので合ってないんだろうな私には。このまま『ジュラワ』を見るかどうか悩ましい(※追記。結局見た)。
  • DCEUにも手を出したのでゆっくり追いかけていこうかなと。なんかリブートとかリメイクとか出るみたいでややこしいけども。
  • この月は私的には微妙かな、と思えた作品にちょっと珍しいくらいによく会った気がするけど、まあそーゆーこともあるでしょう。ちなみにディスコでも映画の話をよくするんだけど、みんな私が絶賛する映画はなかなか見てくれないのにつまらないと一刀両断した映画はすぐ見るのは何なんだ。

映画以外

健康面ではストレッチポールでゴロゴロするのを日課にしていたけど、この季節はあまりの部屋の寒さに断念。ゲームはちょちょい『ぺくす』を再開。

『クルーレス』感想

クルーレス (字幕版)

クルーレス (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

エイミー・ヘッカリング監督作。

面白かった。高校生の友情や恋愛を描くティーンムービーで、とにかくシェールを演じたアリシア・シルヴァーストーンの可愛さを大前提としているよーな作品だった。それくらいに主人公が魅力的で、人形みたいに可愛い彼女の思い切ったファッションを眺めるだけでも楽しい。外見だけでなく表情豊かなのも可愛いんだけど、特に色んな感情を如実に伝えてくる口元がいいな。

しかし無免許でジープを転がし、普段からやるのは駄目だけどパーティでマリファナをキメるのはOKというシェールの謎の倫理観は、当時のアメリカの高校生にはありがちなものだったんでしょーか。でもカースト上位にいて上から目線で他人にお節介な変身を押し付けていたシェールが自分の考えや振る舞いを恥じて反省し、今度は自分が本当に変身しようとする流れは自然で良かった。主人公の成長物語としても気楽に見れたし、若いポール・ラッドが登場するのも美味しい。

『フック』感想

フック (字幕版)

フック (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video

スティーヴン・スピルバーグ監督作。

面白かった。当時の評判は良くなかったらしいけど私は結構好き。基本的には子供向けなのかもしれないけど、子供向けであることが必ずしも大人にとって楽しめないなんてことはないと思うし、現に私は楽しかった。

続きを読む

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: Prime Video

三木孝浩監督作。

私はどちらかというと洋画が好きだし、恋愛映画は嫌いではないもののそこまで積極的に見るタイプでもないんだけど、これは良かった。前半は甘酸っぱいシーンの連続でちょっと見ていて恥ずかしくもあるんだけど、福士蒼汰小松菜奈があんまりにも似合ってるからそこまで苦じゃなかった。淡い光に包まれた映像もすごく綺麗で小松菜奈が更に可愛くなってたよーな。あと今はちょっと厳しいけど、コロナが落ち着いたら京都に行ってみたくなる。

続きを読む