ロログ

ネタバレ映画感想とかいろいろ

『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』感想

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (字幕版)

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (字幕版)

  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: Prime Video

J・A・バヨナ監督、クリス・プラット主演作。

正直、このシリーズは毎回同じような話なのでそろそろ思い切ったハンドリングが見たいなと思ってたんだけど、今回も恐竜で一儲けしようとするアホが発端になってたり恐竜から逃げたりするなど「いつもの」で済むような要素で構成されており、むしろ過去作の焼き直しも多かった。一方で別のアプローチから責めた要素もあって、特に物語の着地点は説得力もあったしすんごい好み。今までにないアプローチだけど、このシリーズの辿ってきた道を思えば至極真っ当な結末でもあるところがとても好き。だからこそ続きが楽しみでもあります。悪党がきちんと悲惨な末路を迎えるところも良かった。よーしよしよしよしよしよしよし。

前半の島でのシーンは、大噴火の迫力もあってディザスタームービーとしての面白さがあって楽しかった。島に取り残されたブラキオサウルスが吠える物哀しい光景は、恐竜の消滅を主張してきた私もちょっとしんみりしてしまったほど。

パークを離れて船上に移動すると、ブルーの治療シーンなど『ロスワ』を思い出すシーンが多かったけど、ロックウッド邸では『バイオハザード』みたいな展開になったのが笑った。ここでメイジーがクローンで作られた子であることが発覚して驚かされたり(ロックウッドがハモンド同様ろくでなしだと分かって納得した)、ミルズがオーウェン、クレア、ロックウッドの責任について言及したり(特にクレアは過去が過去なので、刺さったブーメランを指摘されていたのが痛快だった)、クレアではなくオーウェンに抱きつくメイジーにニヤニヤしたり(前作といいオーウェンは子供に好かれるらしい)、恐竜から逃げつつも色んなドラマがあって面白かった。舞台を屋敷にしただけで恐竜から逃げるのは相変わらずなんだけど、それでも私が楽しめたのは『ロスワ』や『ジュラパ3』で「無駄にアクティブな無能の味方」のせいで散々イライラさせられた分、そうした要素が激減したオーウェン主役の『ジュラワ』でイライラすることなくようやく楽しめることが出来るから、てのもあるかもしれない(それでも恐竜を利用しようとする輩の登場はさすがに飽きたけども)。

最後にクローン体であるメイジーによって地球のあちこちに恐竜が放たれたエンディングは、これまでに何度も神の領域を侵しつつあった愚かな人間を描いてきたことを思えば辿るべくして辿り着いた展開で、マルコム博士の台詞「Welcome to Jurassic World」にはすんげえブチ上がった。『Fallen Kingdom』という原題も「陥落した王国」が恐竜のものと思わせて、実は人類の方だったことに気付かされるカタルシスがやばい(邦題は無意味なのでもったいないよね)。更に続編で『アニゴジ』みたいな終わり方になったら面白いんだけどな。

ただ、この作品の人間はまったく反省しないから(まあ現実でも私を含めて人類ってのは反省しない生き物なんだけど、だからこそ)、いっそ世界中の人が恐竜の餌になってくれてもいいのにな、と思っていた私としては前作でも二万人もの人間がいたのに恐竜の餌になるシーンがほとんどなくて失望した分、ここで地球上のあちこちで恐竜による圧倒的な襲撃を見せてもらえると思ったのに大して描かれなくて更にフラストレーションが溜まった。なんでや。オークションの客だって喰い殺してくれても良かったのに。あとウー博士もいい加減退場してもいいと思うんですけどね(第二のウー博士が湧いて来そうな気はするけど)。

オーウェンはクリプラが演じているというのもあって好きな主人公なんだけど、今回も格好良くて満足した。新登場のジアとフランクリンは面白いキャラクターだと思うし見せ場もそれぞれあるんだけど、オーウェンと離れてしまうのもあって出番は少ないのがちょっと残念だったな。メイジーも掘り下げが浅いし、彼女に(人間にとっての)大罪を犯させるならもーちょい描写が欲しかったというのはある。その辺も含めて続編に期待してます。